SSブログ
前の8件 | -

OZONE60 in MITO      [コンサートの記憶]

小曽根真 60TH BIRTHDAY SOLO
         ~水戸芸術館 コンサートホールATM


(セットリスト)
Makoto Ozone:Gotta Be Happy
        Struttin' In Kitano
        Departure
        Need To Walk
Mozart:小さなジグ K.574 G-dur
Prokofiev:ピアノソナタ 第7番「戦争ソナタ」より第3楽章 Op.83

Ravel:ピアノ協奏曲 G-durより 第2楽章
Makoto Ozone:The Puzzle
        Listen..
        O'berek.
        For Someone

(アンコール)
Makoto Ozone:Always Together



'21May水戸2.jpg



ここは ソロアルバムを収録したホール。
やわらかな空気。
自然な残響。
それは奏者の耳に心地よく
気負わずに音楽と向かい合える。。

だから
聴く者も心をひらいて
一度きりの音楽の時間をだきしめる。


ピアノは様々な国の言葉で歌い、物語を紡ぐ。

幸せな夢、シリアスなドラマ、日々の営み。。
まるで映画を観るように繰り広げられる音楽!

まさに
ベストパフォーマンス!!




'21May水戸1.jpg


ほんとうに、この日の小曽根さんは
まるでホームに還ってきたようにリラックスして
のびのびと弾いていた。

音の一つ一つに心が込められ
見事なバランスでハーモニーが奏でられる。
そして
メロディーは いつのまに登場したのか
ヴォーカリストが歌っている・・と思うほど
たとえば
ブルースからは英語が聞こえてくる。
グラスが触れあう音がするライブハウスで
マイクを握って熱唱するのはベテランのシンガー?


Listen...は 日本語の子守歌。
懐かしい記憶の中の風景。。

そしてポーランド語で歌われるO'berek!
この曲は、今までリズムにとらわれてしまい
何故これがオベレクなのか、実は良く解らなかった。
でも、この日は言葉のニュアンスが伝わってくるように
ポーランド語なんて話せないのに
不思議なことに、心にストンと落ちた。。



そして、もちろん器楽的に演奏される作品もある。

モーツァルトの可愛らしく飛び回る
妖精の笑顔。

そしてプロコフィエフは
恐ろしくピアニスティックに楽器が鳴り響く!
その中に ふと現れる音楽的な表情の見事だったこと。
もう、口をあんぐり開けてしまいましたよw




嬉しかったのは、サントリーホールで聴けなかった
Departure が聴けたこと。
それは 旅立つ時の不安?
ざわざわと落ち着かない心
それでも その時は容赦なくやってくる。。

そしてラヴェルも!
やわらかな音色が
高く低く静かにそよぎ 
ゆるやかに弧を描くとき
すべてが許され
幸福感にみたされる。。



セットリスト最後の For Someone は
間合いをじゅうぶんにとって
ホールの響きを確かめるように弾かれる。
その音のゆくえを
小曽根さんと一緒に聴く。
なんて幸せな瞬間だろう。

最後の一音の響きが
彼方に行ってしまった後の
長い長い静寂を
私は決して忘れない。。







'21May水戸3.jpg






この日の小曽根さんは
前半は赤、後半はシルバーのシャツ。
めずらしく靴のヒモが緩んでしまったそうで
二度ほど結び直していましたw
足でリズムを刻むからね。

その数日後、ラジオで角野隼斗さんが生演奏をする時に
アナウンサーが「靴を脱いで靴下でペダルを踏んでいますっ」
と実況していました。
小曽根さんも靴を脱げば良かったですね(え?

その翌日、別のラジオ局で小曽根さんと角野隼斗さんが対談。
若い音楽家の角野さんに、小曽根さんが語りかける言葉のあたたかかったこと!
小曽根さんの自作曲「クリスタル・ラヴ」のエピソードには私も涙が。。

そしたらっ
その翌日、角野隼斗さんはYTライブで
さりげなく「クリスタル・ラヴ」を弾いているじゃありませんか。

こんなふうに
音楽と、そして大切なものが伝わっていくって すてきだ。
それを目撃して ふふ、、と微笑んでしまう。
永遠の愛。。



























nice!(9)  コメント(0) 

懐かしい土地の想い出        [奏でるとき]

去年はできなかった春の演奏会。
今年は細心の注意を払って開催しました。
隅々まで気を配るのは本当に大変。
その上、人前での演奏が久しぶりだったので
この世のものとは思えないくらい緊張しました(泣

そんな演奏ですが、記念(?!)に。。





チャイコフスキー:メロディー(「懐かしい土地の想い出」より)Op.42-3








写真はイタリア、チェコ、フランス、アメリカ、そして日本。



昔、耳にしたメロディーは
旅の懐かしい記憶を連れてくる。

またいつか、きっと。。






















































nice!(10)  コメント(0) 

GOYA    [カーテン・コールの後に]

ミュージカル『ゴヤ-GOYA-』
          ~日生劇場


原案・脚本・作詞:G2
演出:鈴木裕美
作曲・音楽監督:清塚信也

出演:
フランシスコ・デ・ゴヤ 今井翼
サパテール(ゴヤの親友) 小西遼生
ホセーファ(ゴヤの妻) 清水くるみ
テバ伯爵(ゴドイの副官) 山路和弘
アルバ公爵夫人(資産家) 仙名彩世
ゴドイ(若き宰相) 塩田康平
バイユー(ホセーファの兄) 天宮良
マリア・ルイザ(スペイン女王) キムラ緑子



'21April GOYA1.jpg





激動の歴史を生きる画家の生涯
描く事と生きる事の意味を問いかける。。



日本語の歌詞が
音楽にピッタリはまって美しく歌われる。
清塚信也さんの全編書き下ろしの楽曲。
もちろんフラメンコも登場するけれど
ことさらスペインを強調することなく
モーツァルトのオペラを彷彿とさせるような
クラシックのベースの上で
自由な発想で生き生きとミュージカルを創り上げる。
編曲、生オケの演奏も素晴らしくて
圧巻の後半は感動で涙が止まらなかった。。


今井翼さん得意のタップを始め
群舞のダンサーたちの
ダンスシーンの見事なこと!


そしてゴヤの絵から抜け出してきたような人々に惹き付けられる。



'21April GOYA3.jpg
                  (この写真はweb上からお借りしました)





フランス革命、ナポレオンの台頭・・
王政が崩壊しヨーロッパ全土が大嵐に翻弄される時代。

ゴヤは画家としての名声を得るために
王室に取り入り、成り上がっていく。
そして友や妻の忠告をきかずに突き進む。

しかし、何者かに毒を盛られ聴力を失ってしまう。
虚無感の中、創作意欲を失い 殻に閉じこもるゴヤ。

スペインは何年も続く戦争で暗黒の時代。
ゴヤの晩年の素描画はその頃に描かれた。

一瞬を永遠に!
自分の眼で見たものを
そのまま描くこと
それが唯一、自分にできること。。








'21April GOYA2.jpg 
                (この写真はweb上からお借りしました)





画家を主役にしたミュージカル?!
この公演を知った時、本当に成立するものなのか半信半疑でしたが
清塚さんが作曲した音楽だというのでw 観に行ったのです。
そしたらっ
音楽の素晴らしさは言うまでもありませんが♡
脚本の完成度が非常に高く、深い内容を見事に描いていて感服しました。
キャストの皆さんの歌、演技、ダンスも超ハイレベルで興奮のるつぼ!
もう、ボロ泣きでした。

最後は客席全員で
スタンディング・オベーション!!







'21April GOYA2.jpeg

またもや天井桟敷からの観覧で、双眼鏡のお世話になりましたが
迫力はここまで充分に伝わってきました!
日本のミュージカルの実力、スゴイですっ。


























































nice!(8)  コメント(2) 

The Symphonic Sessions      [コンサートの記憶]

葉加瀬太郎 オーケストラコンサート2021
        ~川口リリア メインホール

(プログラム)
葉加瀬太郎:Symphonic Another Sky
      交響詩「希望」Symphonic Poem "Hope"
             第一楽章 序曲
             第二楽章 賢者の行進
             第三楽章 ロード・オブ・ホープ
             第四楽章 ロマンス
             第五楽章 ロード・オブ・ホープ~リフレイン
富田勲:新日本紀行
葉加瀬太郎:瑞風
     :流転の王妃・最後の皇弟 メインテーマ


葉加瀬太郎:ひまわり
ヘンリー・ マンシーニ:Moon River
モーツァルト=葉加瀬太郎:トルコ風コンチェルト
ベートーヴェン=葉加瀬太郎:ロマンス
葉加瀬太郎:WITH ONE WISH
ピアソラ:リベルタンゴ
葉加瀬太郎:情熱大陸2018~Full Orchestra Ver.~


(アンコール)
葉加瀬太郎:Legacy



'21April 葉加瀬1.jpeg


葉加瀬太郎さんの30周年。
フルオーケストラでのコンサートツアーは葉加瀬さんにとって初めて!
ステージの前の方がバンド(ピアノ・シンセ・ギター・パーカッション)、
その後ろにフルオーケストラ。大編成です~。


オープニングは航空会社のテーマ曲。
フルオケのサウンドの中で歌う、美しいソロヴァイオリン!
いきなり心をつかまれて 涙が。。

旅が大好きな私。
飛行機に乗ることが出来なくなって過ぎていく日々。
この曲を聴くと旅立つ時の高揚感がよみがえる。。



ステージ中央に絨毯が敷かれ、テーブルの上に2丁のヴァイオリン。
葉加瀬さんが自分のお部屋で弾いているみたい。

このコンサートへの思いを語る葉加瀬さん。
本来ならば去年が30th Anniversaary だったので
その数年前からフルオケのコンサートを計画していたそうです。
去年、リハーサルをして いよいよ本番!という時に中止に。。

それが1年たって 開催できる!
その嬉しさが葉加瀬さんから、
そしてオーケストラのメンバーからも伝わってきます。

豪華で、そして絶妙なアレンジ。
オリジナル曲のカッコ良さはもちろん、
クラシック曲もスタイリッシュに変身~。
それをパーフェクトな演奏で聴ける。
なんて幸せな時間でしょう!


プログラム最後の「情熱大陸」、最高に盛り上がりましたねえ。
ホール中の手拍子!
みんなの笑顔!





'21April葉加瀬2.jpeg


今回は こーんな天井桟敷だったのですが
PAと双眼鏡のおかげで、楽しむことが出来ましたv



そうそう、
指揮者を見たときに もしかして?
と双眼鏡で確認w
やはり、水野蒼生さんでした!
ダンスをするようなカッコイイ指揮ぶりに惚れ惚れ。
しかし
プログラムにもHPにもオケのメンバーのお名前が載っていなくてザンネン~。

それから(まだあるw
照明のインパクト強すぎでは?すっごくまぶしかった。
音楽がとても雄弁なので、聴く方に集中したかったなあ。。





さて、ツアーはこの日が初日。
千秋楽まで、たくさんの人に
葉加瀬さんの「愛」が届けられることでしょう。。


































nice!(10)  コメント(0) 

Spring Festival       [コンサートの記憶]

東京・春・音楽祭2021

大宮臨太郎(ヴァイオリン)&白井 圭(ヴァイオリン)
                   ~旧東京音楽学校奏楽堂

'21April Vlデュエット3.jpg



(プログラム)
プニャーニ:2つのヴァイオリンのための6つのソナタ op.5 より 第3番 ト長調
ヴィオッティ:2つのヴァイオリンのための3つの協奏的大二重奏曲 op.21 より 第2番 ニ長調
ベリオ:3つの協奏的二重奏曲 op.57 より 第1番 ト短調

イザイ:2つのヴァイオリンのソナタ イ短調

(アンコール)
クライスラー:愛の悲しみ




双子のようにそっくりなヴァイオリンの音色!
主旋律と対旋律が目まぐるしく入れ替わると、
どちらが主なのか分からなくなるくらい。


'21April Vlデュエット2.jpg
                     (この写真はweb上からお借りしました)


年代順に構成されたプログラム。
どんな瞬間も真摯に作品に対峙し
小気味よいほどにシンクロしたボウイングとともに
安定した美しい音楽が創られていく。



白眉は後半に奏されたイザイ。
上質の陶器のフォルムのような緩徐楽章。
たった二つの楽器で演奏しているとは思えないほど
厚みのあるサウンドで躊躇なく駆け抜けるfinale!



'21April Vlデュエット1.jpg
                        (この写真はweb上からお借りしました)




大宮さんはN○K交響楽団の若手(そろそろ中堅?)奏者。
白井さんは同じオケのゲストコンサートマスター。
このオケは良くラジオで放送されますが、わりと最近
「今日は弦が上手いなあ」
と思う日が多くて
そんな時は白井さんがコンマスなんですね。

この二人のデュエットなら聴きたい!と思ったのです。
もう、期待に違わず
本当に素晴らしい演奏会でした♡

古い音楽堂のガラス窓から
春の明るい光がさしこむ。
時を遡ってしまったような空間。。




歴史を感じるといえば、
客席の椅子にはこんな札もかかっていましたw
他にもここに縁(ゆかり)がある先生方のお写真が。

'21April Vlデュエット4.jpg





























nice!(11)  コメント(0) 

Max Rechter's Sleep      [カーテン・コールの後に]

マックス・リヒターからの招待状
          ~ヒューマントラストシネマ渋谷

監督:ナタリー・ジョンズ
出演:マックス・リヒター、ユリア・マール 他
2019年/イギリス






太古からあるかのような音楽「Sleep」は
胎内の記憶のように愛しく
そして懐かしい。
劇場で音響につつまれて本当に幸せだった。。


'21March Sleep.jpg






「Sleep」は演奏時間が8時間!
リヒターのピアノと弦楽でのコンサートは
会場にベッドが用意されていて、眠ってしまっても良いのだ。
もちろん、起きていても良いし
音さえ立てなければ歩きまわっても良い。
世界各地で開催された「Sleep」の演奏会の映像が紹介される。
それは本当に感動的!

「Sleep」の演奏会が始まるのは夜。
ゴルトベルク変奏曲のように下降するベースライン。
低周波のサウンドが快い眠りに誘う。
眠りの中で音楽を聴きつづける・・

やがて夜明けが近くなると
高周波のサウンドが少しずつ増えていく。
朝の光の中での快い目覚め。
それは幸せにみたされた時にちがいない。





それと重なるように
マックス・リヒターの音楽に対する想いが随所で語られ
さらに製作の大変さ、そして家族の事を
彼のパートナーが詳らかにしていく。




アントワープの聖母大聖堂でのコンサートが
スクリーンに映し出された時は 涙がこぼれた。
あの場所で聴くことができたら!


映画は実際のコンサートよりずっと短かったけれど
「Sleep」のサウンドが途切れることなく流れつづけていた。



その晩
私は眠りの中で そのサウンドを聴いていた。
ゆらめきながら漂う
やわらかな空気につつまれて。。































nice!(11)  コメント(0) 

OZONE60 Classic × JAZZ   [コンサートの記憶]

ひとりひとりの
心に届くように
奏でられたピアノは
大きな空間を
あたたかい愛で満たし
いつまでも
輝きつづける。。





'21March OZ3.jpeg



小曽根真 60th Birthday Solo
         ~サントリーホール

(セットリスト)
Makoto Ozone:Gotta Be Happy
        Struttin’ in Kitano
Moszkowski:20 Petit Etudes, Op.91: No. 8 in B Minor: Moderat
Makoto Ozone:Need To Walk
Always Together
Mozart:Eine kleine Gigue in G Major, K.574
Prokofiev:Piano Sonata No.7 in B-Flat Major, Op. 83: 3. Precipitato
Makoto Ozone:The Puzzle
Chick Corea:Spain
Makoto Ozone:Listen…
        O’berek
        For Someone

(アンコール)
Makoto Ozone:Reborn


エントランスを入ると、なんだか赤い!
ロビーに飾られている沢山のお花が赤・赤・・
ホールの中も赤い!
赤いライトに浮かび上がるステージ。
その床には「OZONE60」の文字が!


'21March OZ 1.jpg


この日は小曽根さんの還暦の誕生日。
ご本人の演奏を聴いて祝えるなんて、すっごい贅沢♪♫

客席は文字通りの満席。
全員の熱い期待も最高潮。

拍手の中、登場した小曽根さんは
やはり赤いシャツ姿。

さあ!特別な時間が始まる。
Gotta Be Happy!!

イントロはソロ・シンガーのモノローグ。
クワイヤーのステップが始まる。
重心の低いリズム。
クラップ!クラップ!
ソロの熱唱、そして
コール&レスポンス!

ゴスペルのステージに放り込まれたような
この最高に Joyful な曲が大好き!
小曽根さんが、以前ゴスペルクワイヤーのオルガンを弾いていたと知り
いつかゴスペル調の曲をかいてほしいと願っていたので
新しいアルバムに入れてくれて、本当に嬉しい♡

心をわしづかみされた客席から大きな拍手!
笑顔・笑顔!

ウェルカムの挨拶に続いて、
小曽根さんの原点という
ジャズバー・Kitanoの雰囲気を曲にしたデキシー♫♪
軽やかなストライド奏法はお家芸。
ちょっとお酒が入ったようなアドリブ。
にぎやかなセッション。
さんざめく会話。




モシュコフスキーのエチュードといえば
15の練習曲 Op.72 を思い浮かべるけど(トオイメw
演奏されたのは 20の小練習曲 Op.91。
8番はh-mollの美しい作品で、三声でかかれている。
なめらかなピアノ。
さりげないゼクエンツ。
そして
原曲からの自然な流れの即興・・
まるで
深い森の奥から湧き出たすきとおった水が
せせらぎとなり
谷川の急流になるように。
それは 
いつのまにか
再び森へ還っていく。。



一転してブルース。
「体重がが・・なので歩かなくちゃ!」
というわけで、
太~い人が歩いているようなベースラインw
おチャメ全開でメチャ楽しいこと!
この曲を聴きながらウォーキングする人が増えそうな予感。


そしてAlways Together♡
これを聴くと笑顔になれる。幸せ~♪♫
元気いっぱいの笑顔から
ふわっと空をあおいで思い出し笑いをしたり
ステップを踏みたくなったり。

この曲は去年の新曲で、タイトルは一般公募になったのでした。
たくさんの応募の中から小曽根さんが選んだわけですが
命名者となった方が客席に。
小曽根さんが「いらしてますか?」
と、1階客席の方を捜すと
背後のP席で「はい!」と手を挙げた方が。
1階前列のワタシタチが「あそこに!」と指してあげたのでしたw


さあ、モーツァルト!
キラキラの音たちがくるくると宙を舞う。
飛び跳ねて笑い
ちょっとスネたり
思いっきり走ったり
ホモフォニーとポリフォニーを自在に操る
ステキなインプロヴィゼーションに心が躍る。



アタッカで始まったプロコ!
鋭い打鍵
炎のようにぐいぐい突き進む
これは圧巻!!


ほんとうに、
この日演奏されたクラシック曲たちの素晴らしかったこと!
CDを録音した時から、さらに深化を続けているなあ(尊敬っ





後半、小曽根さんは春らしい桜色と白のツートンのシャツ姿。

The Puzzleは元々アップテンポの曲だけど
さらにヒートアップしてる。
床を鳴らす靴音のタイトなこと!
ゆるぎない細かいパルス。
火花が散る!
まるでイリュージョン!


こんなに凄い早弾きの後、息が上がることなくフツーに喋る小曽根さん(凄~
「みんな、まだ居てくれてありがとう」←帰るわけないじゃんw

そして、来場しているミュージシャンや俳優の友人達を紹介。
ひとりひとりが客席のあたたかな拍手に応える。

「予定してなかったのだけれど」
と言って弾きはじめたのは
チック・コリアの Spain !
星になってしまったチックさんは
小曽根さんの大切な師であり、友人だった。

さあ
あのフレーズ!
一瞬、天をあおぐ小曽根さんの笑顔。
ああチックさんが一緒に弾いている!
いつかのように。
チックさんの大きな愛が そこに。。

弾き終わって小曽根さんが思わず叫ぶ
「We love you!
We miss you!」

涙があふれる。。



・・やさしいピアノの音

Listen…

子守歌のように穏やかな空気は
頑なな心をときほぐし
懐かしい記憶の中で たゆたう。。



次の O’berek(オベレク)をソロで弾くのは本邦初公開。
元々ピアノカルテット&パーカッションのためのオリジナル曲。
それをCDでは2台のピアノで多重録音、という難曲!

ものすごいサウンドの厚さ。
それなのに、なんだこのグルーヴはっ!
エキゾチックな香りと
近未来のシャープさが混在し
緊迫感が渦巻き、駆け巡る。
まさに圧倒的!!

オベレクはポーランドの民族舞踊で
輪になって軽やかなステップを踏みながら踊る。
でも、小曽根さんのオベレクはそれとは違う!
何故?

・・もしかしたら
小曽根さんは器楽で演奏するための作品にしたのかも。
ピアソラがアルゼンチンで踊られていた、
その土地固有のダンスミュージックを
楽器の演奏で「聴かせる音楽」に発展させたように。。






セットリストの終わりは 
For Someone 

日々の
何気ないことの繰り返しの大切さ
くりかえすうちに
積み重なって
豊かなものになってく・・

「For Someone 誰かのために」
そしてマイクを置いた小曽根さんが
もう一度 言う。

「みなさんの ために」


淡い色彩で描かれた水彩画の世界・・
どこまでも続く道
穏やかな風
誰かを想う心
あるいは ときめき
それとも あきらめ

あなたは あなたのままで いいんだよ
そんな優しさにつつまれる。。


・・ピアノの響きが消え
長い 長い 沈黙の後
静かに拍手が始まる
そして
喝采へ。。







アンコールは もちろん Reborn

ブルージーにバウンスするピアノ。
私も心の中で歌う。クラップしながら!

スタンディング・オベーション!
またひとつ
忘れられない 大切な時間が心にきざまれた。。







'21March OZ2.jpeg




この日は、なんと最前列でした!
小曽根さんの大切な日を、こんなに凄い席で祝うことができて
本当に幸せでした。

しかーしっ
何故か数日前からソワソワと落ち着かない。
当日は、自分の本番のように緊張・・!

小曽根さんが「お客さんは僕のパートナー」と言っていた事を
後になって思い出し、大反省。
客席の緊張が伝わってはいかんっ!!
次の時はもっとテンション上げて聴きに行かなくてはっ。


実は、小曽根さんが後半のMCで
「こんなにたくさん来てくれるとは思っていなかった。
開演前に(入場の様子の)モニターを見ていて
・・こんなに緊張したことはない」
と言っていたのです。

しかし、どんなにプレッシャーがあっても撥ねのけて
すばらしいパフォーマンスを聴かせてくれる、
これこそプロ中のプロ!
心から尊敬します。



さて「OZONE60」は、この日が初日。
1年かけて全国60カ所をまわるそうです。
さあ、あといくつ行けるかな?楽しみ~。
































nice!(11)  コメント(0) 

Tango Nuevo      [コンサートの記憶]

三浦一馬&東京グランドソロイスツ
           ~所沢ミューズ


【オール・ピアソラ・プログラム】
フーガと神秘
ブエノスアイレスの冬
コルドバへのオマージュ
ツィガーヌ・タンゴ
アディオス・ノニーノ
デカリシモ
悪魔のロマンス
ブエノスアイレス午前零時
天使の死
螺鈿協奏曲

(アンコール)
現実との3分間
リベルタンゴ
アレグロ・タンガービレ


'21March三浦一馬2.jpg



石田さんの美しく、超絶なソロを筆頭に
厚みのある弦楽アンサンブルが
緩急自在に繰り広げるオール・ピアソラ!

三浦一馬さんのバンドネオンは
スタイリッシュに歌い上げる。

アストール・ピアソラの音楽が
研ぎ澄まされ、
都会的なセンスを身にまとい
まさに
今、この時代を生きる人の歌となる。。




'21March三浦一馬3.jpg




ピアソラは
アルゼンチンで踊るための音楽としてのタンゴを
Tango Nuevoと呼ばれる、演奏して聴かせる音楽に再構築した。
彼はクラシックを学び、ジャズとの交流も深めつつ
生涯、試行錯誤していった。

三浦一馬さんは、そのピアソラの作品に
さらなるアレンジを加える。
三浦さんのTango Nuevo、それは
弦楽・ピアノ・ギターという編成で演奏するスタイル。


その試みは数年前にスタートし、
年を重ねるごとにクオリティが高くなっていく。
今回も終始手に汗の熱い音楽を満喫!



























nice!(10)  コメント(0) 
前の8件 | -