SSブログ
前の8件 | -

HAYATO SUMINO           [コンサートの記憶]

角野隼斗 LIVE
      ~ブルーノート東京/生配信


思い描いた未来が
ここにある!

新しい風
音楽の息吹

さあ、
時代が変わる!!






(セットリスト)
Hayato Sumino: HUMAN UNIVERSE
J.S.Bach: Invention
Queen: We Will Rock You
Hayato Sumino: Frog Swings
Liszt: 愛の夢
Hayato Sumino: ココドコ
       : 猫ふんじゃった
Hayato Sumino: One Minute Hourglass
Chick Corea: Spain
Makoto Ozone:Gotta Be Happy with Makoto Ozone
Gershwin: Rhapsody in Blue

(アンコール)
Hayato Sumino: Tinkerland



'21Juneかてぃんブルノ2.jpg



闇の中から静かに始まるピアノ。
これはウィリアム・バード?
まるで古い時代の音楽そのもの。

それが一転して急流に!
ドラマチックに激しく突き進むけれど
音色の美しさ、高度なテクニックは
クラシックピアニストならでは。

変わって
シンセサイザーの柔らかい音がたゆたう。
バッハのインヴェンション。
a-moll の少しロマンティックな雰囲気が
宇宙へ ふわあっと広がっていく。。


一転してクイーン!
ピアノとパーカッションの両方を操って
もの凄いノリで聞かせる。
さらに同じスタイルでもう一曲。
なんて軽やか!
なんてカッコいいインプロ!
ひゃ~!!


一気に4曲弾いてからのMC。
こうやって音楽に集中できるのは嬉しいなあ。



続くリストの「愛の夢」は
ピアノだけで演奏されたが
アレンジの見事なこと!
初めから こういう作品だったかと思えるくらい。


さて、ステージにはグランドピアノが
何と2台も設置してある。
そのうちの1台は最新の自動演奏装置付き。
予め録音したものを再生すれば
ひとりで連弾や2台ピアノが可能になる!

そうやって演奏された曲は
どれも とってもオシャレ。
しかも目で見ても楽しめて
ホント、まいっちゃうなあ~。

圧巻は何と言っても「スペイン」。
急速なパッセージを二人の角野隼斗が弾きまくる!
すごいパフォーマンスに釘付けだ。
チックさんもビックリだね。




とにかく配信のカメラワークのすばらしいこと!
ピアノ、シンセ、パーカッションと
弾いている手元が次々に変わるのに、
絶妙のタイミングでフォーカスする。
自動演奏ピアノの鍵盤が動いているのもチェック(拍手~
もちろん音も最高!
ヘッドフォンで聴くと、すっごい臨場感♪♫



さて、ここで客席にいた小曽根さんを紹介する角野さん。
「僕が深く尊敬するジャズのレジェンド」♡
ステージに上がった小曽根さんは角野さんを絶賛♡
(相思相愛じゃないですかw

そして、まさかの2台ピアノ!
小曽根さんの新曲「Gotta Be Happy」を弾きたいという角野さん。
いざ演奏するだんになっても
「えーー?!」と嬉しい悲鳴を上げる小曽根さん。
でも、もう角野さんがイントロを弾き始める!
「Oh Yeah!」小曽根さんもスグにそれを受ける。

そうやってスタートしたデュエットの熱かったこと!

踊るリズム
きらめくパッセージ
眼を見つめ笑顔とともに
激しく鳴らされるアコード
ああ、なんて悦びにあふれたピアノだろう!




'21Juneかてぃんブルノ1.jpg


まさに、奇跡のデュエット。。



しかし、大喝采、スタンディング・オベーションの後に
ソロでラプソディ・イン・ブルーを弾いちゃうんだよ、この人はw

この曲はピアノ1台、とピアニカw
中間部、ゆっくりジャジーになるところで登場するピアニカは
「のだめ」を思い出しますね(古~
オーケストラパートも全て弾く、すばらしいピアニズム。
豪快でいて繊細、そして優美。。





'21Juneかてぃんブルノ3.jpg


アンコールは可愛らしいトイピアノを使った自作曲。
この日のオリジナル曲は、
ほんとうに多彩で変化に富んでいて
豊かな心、そして引き出しの多さに圧倒された。


小曽根さんがステージ上に「モノが沢山ある!」と笑っていたけど
ほんとうに様々な楽器と機材を駆使して(配線に足が絡まってたしw
「好き勝手に(本人談)」パフォーマンスしつくした角野さん。

その勝手さが、あまりにも高い精度で披露されるから
あっけにとられて聴き入ってしまう。
これから、どんな展開になるのでしょう~(わくわく♫♪








































nice!(7)  コメント(0) 

OZONE 60 in LILIA    [コンサートの記憶]

小曽根 真(ピアノ) 60th Birthday SOLO
             ~川口リリア 音楽ホール

(セットリスト)
Makoto Ozone:Gotta Be Happy
       :Struttin' In Kitano
Moszkowski:20 Petit Etudes Op.91 No.8
Mozart:Eine Kleine Gigue K.574
Makoto Ozon:Need To Walk
Prokofiev:Piano Sonata No.7 Op.83-3

Ravel:Piano Concerto in G Major M.83-2 *
Makoto Ozone:The Puzzle *
       :Listen...
       :O'berek
       :For Someone

(アンコール)
Chick Corea:La Fiestar *
                   *with 近藤和彦(Saxophone)


                
'21JuneOZ3.jpeg




美しい音で紡がれるポリフォニックな即興!

息の長いフレーズは
絶妙なバランス感覚で奏され
心に深く響く

愛しい人
そして大切な時間…
言葉はなくても
伝えてくれるピアノに
涙があふれる。。




'21JuneOZ1.jpg





ほんとうに
この日の小曽根さんのピアノは
端正な音色で流麗に響いていた。
そう、クラシックのピアニストのように。

さらに
ポリフォニーでのすばらしいインプロヴィゼーション!
たとえば、モシュコフスキーの3つの声部を
そのまま変化させていくのだ。
音楽をコードとして捉えてしまわない
別の難しさがある即興。

それぞれの旋律が美しく歌い合い
珠玉の作品を織り上げていく。。


そんな魔法の指にかかると
いつものブルースも千変万化!

まるで親しい仲間とセッションしているような
ごきげんなサウンドが聞こえてくる。

さらに、あの難曲プロコのソナタも
全力疾走は影を潜め
クラシックバレエのような
しなやかな力強さを持った華麗な舞を披露する。



後半のソロ。

Listen...耳をすませて

おだやかな日常
かけがえのない時間

何気ないひとときが
どんなに大切なものかを思い出させてくれる。。



そして
O'berek!!
まるで3Dのように奥行きのある音響は
大きなうねりとなり
嵐の海に投げ出されたよう!


一転して
For Someone 誰かのために

優しいピアノが
ゆったりと歌うけれど
風景は
滑るように流れていく

いつまでも
いつまでも
聴いていたい
穏やかな音楽。。






'21JuneOZ2.jpeg








実は、この日
OZONE60 のツアーで初めてのゲストが登場した。
客席は盛り上がり、小曽根さんも楽しそうだったので
良かったのではないでしょうか。(何が?w

でもね、私は小曽根さんのソロ・ピアノを聴くのが好きなんだよ。
ソロの時は音楽のエネルギーが降り注いでくるようだから!
小曽根さん自身も
「ソロで弾く時は客席のあなたがパートナー」
と、よく言っているではないですか。
ともに音楽を創る悦びに浸れるんだよ。。







さかのぼって、春の頃。
小曽根さんはTVの音楽番組で、若手ピアニストの藤田真央さんと共演した。
藤田さんはチャイコフスキー国際音楽コンクールで2位という素晴らしいピアニスト。
小曽根さんと2台のピアノで演奏したモーツァルトは
インプロヴィゼーションが繰り広げられて、素晴らしかった!

その後、藤田さんが演奏したモーツァルトのピアノ協奏曲をラジオで聴けたのだが
藤田さんの自作のカデンツァの見事だったこと!
ああ、小曽根さんとの共演がしっかり糧になっているなあ、と嬉しかった。。

そして、あのTV番組の中で
小曽根さんが藤田さんの奏法、音の聴き方を絶賛していたのだけれど
この日の小曽根さんのピアノに、それがそのまま現れていたなあ。

若い人達は小曽根さんから受ける影響がとても大きいけれど
小曽根さんもまた、若い人からインスパイアされる。。

これからも
さらに深化していく小曽根さんのピアノ。
いつまでも、いつまでも聴き続けていこう♡












































nice!(10)  コメント(0) 

Yatsugatake Kogen Salon Conert       [コンサートの記憶]

鈴木優人 チェンバロ・リサイタル
        ~八ヶ岳高原音楽堂

(プログラム)
J.S.バッハ:平均律クラヴィーア曲集 第1巻(全曲)




'21May八ヶ岳1.jpg


高原の爽やかな空気
新緑の木々の梢で
鳥たちがさえずる

明るい光が差し込む音楽堂
カラマツで作られたという楽器が
美しく鳴り響く。。


演奏する優人さんは
24のプレリュードとフーガという長大な曲集だというのに
全く気負いなく
楽譜を携えて ふいっと現れ
もう、1番のプレリュードを弾きはじめている。


明るく、のびやかなハ長調が終わると 少しお話。
「・・24のお話が集まる、アンソロジーのような曲集です。
それぞれの物語を想像しながら、リラックスして聴いてください。
さあ、旅を始めましょう・・」



旋律は彩り豊かに紡がれ
さまざまな物語が綴られる

紀行、歴史、哲学、詩 そして祈り。。
聡明な語り部に導かれる心躍る旅路。

こんな贅沢な時間が
他にあるでしょうか?


優人さんが言った通り、「平均律」に「難しい」というイメージがあるのは
ピアノのお稽古で四苦八苦した思いがあるから。
バッハの声楽や管弦楽の作品をほとんど聴いたことなく
楽譜と対峙するのは、とても大変でした。
だから、全曲を聴くのは身構えてしまう。

けれど、優人さんが弾くバッハは雄弁で、繊細。
難解な譜づらから解き放たれて
様々な風景を楽しむことができる。



実は
優人さんは深い洞察力を持って楽譜を読み込んでいて
全てを俯瞰し、高い演奏技術で演奏している。

例えばフーガの声部が複雑に絡み合っても、
それぞれの旋律が明瞭に聞こえる!
アーティキュレーションは
オーバーレガートとノンレガートを巧みに使い分けて
多彩な表情を描いていく。


子どもの頃から浴びるように聴き、演奏してきたバッハの音楽・・
それこそ声楽曲、管弦楽曲、パイプオルガンと網羅しているから
鍵盤のために書かれた作品でも
様々な楽器の音色や声、そして演奏形態を容易に想像できるのでしょう。

まるで指揮をするように操られるチェンバロ。
奏者が思い描いた物語が
夢のように花開く。。









'21May八ヶ岳8.jpeg




ロシア人ピアニストのリヒテルの提案で建てられたというこのホールは
大自然に調和し、カラマツ材がふんだんに使われた、ほんとうに豊かな響きのホール。
ここで催された数多くの演奏会の企画をリヒテルと武満徹が助言したという。

それを知った優人さんは
演奏会のサブ・タイトルを「リヒテルへのオマージュ」に。
自分自身がリヒテルに影響を受けたと語る優人さん。
この日のチェンバロの響きを、リヒテルも聴いているに違いない。



ピアノの音よりもチェンバロのそれは、すぐに減衰してしまう。
曲を弾き終わると聞こえてくる鳥たちの鳴き声。
リハーサルをしていると、鳥が褒めてくれているようだった、と優人さん。




最後は短調の長大なフーガ。

鳴り止まない拍手に呼び戻され、アンコール!

重々しい曲の後に演奏された
この曲集の冒頭のプレリュードは
透明な水のような清らかさ。

それが終わり、なんと続けて次のフーガを弾き始めた?!
と思ったら、すぐに弾くのを止めた笑顔の優人さんです。
あー、ビックリした!
もう一周するのかと思ったww







'21May八ヶ岳7.jpeg



CDを購入したらサインを頂きました。
サインはこの音楽堂のポストカードに書かれていました!
最近はサイン会がないので、予め準備されていた物ですが
これは記念になりますね♡









































nice!(9)  コメント(0) 

SPRING2021 DON QUIXOTE [カーテン・コールの後に]

Tetsuya Kumakawa K-BALLET COMPANY
ドン・キホーテ
       ~オーチャードホール

(キャスト)
キトリ:小林美奈
バジル:堀内將平
エスパーダ:栗山廉 


指揮:井田勝大
管弦楽:シアター オーケストラ トーキョー



'21Mayドンキ.jpg




キトリが本当に空中を飛んだ!
と驚くほどの美しいリフト。
さらにステキな振り付けと
数々のハイレベルなパフォーマンスに釘付け!

加えて、ストーリー展開の楽しいこと!
ドン・キホーテ、サンチョ・パンサのユーモラスな演技が笑いを誘い
美しい男女の恋物語が浮き彫りになります。

そしてセンスの良い衣装、重厚な舞台装置。
録音ではない生のオーケストラの臨場感。
などなど細部にいたるまで
Kバレエの監督、熊川哲也さんのこだわりが。。


まさに、バレエは総合芸術!
それを思い出させてくれた、素晴らしい公演でした。
















































nice!(8)  コメント(0) 

OZONE60 in MITO      [コンサートの記憶]

小曽根真 60TH BIRTHDAY SOLO
         ~水戸芸術館 コンサートホールATM


(セットリスト)
Makoto Ozone:Gotta Be Happy
        Struttin' In Kitano
        Departure
        Need To Walk
Mozart:小さなジグ K.574 G-dur
Prokofiev:ピアノソナタ 第7番「戦争ソナタ」より第3楽章 Op.83

Ravel:ピアノ協奏曲 G-durより 第2楽章
Makoto Ozone:The Puzzle
        Listen..
        O'berek.
        For Someone

(アンコール)
Makoto Ozone:Always Together



'21May水戸2.jpg



ここは ソロアルバムを収録したホール。
やわらかな空気。
自然な残響。
それは奏者の耳に心地よく
気負わずに音楽と向かい合える。。

だから
聴く者も心をひらいて
一度きりの音楽の時間をだきしめる。


ピアノは様々な国の言葉で歌い、物語を紡ぐ。

幸せな夢、シリアスなドラマ、日々の営み。。
まるで映画を観るように繰り広げられる音楽!

まさに
ベストパフォーマンス!!




'21May水戸1.jpg


ほんとうに、この日の小曽根さんは
まるでホームに還ってきたようにリラックスして
のびのびと弾いていた。

音の一つ一つに心が込められ
見事なバランスでハーモニーが奏でられる。
そして
メロディーは いつのまに登場したのか
ヴォーカリストが歌っている・・と思うほど
たとえば
ブルースからは英語が聞こえてくる。
グラスが触れあう音がするライブハウスで
マイクを握って熱唱するのはベテランのシンガー?


Listen...は 日本語の子守歌。
懐かしい記憶の中の風景。。

そしてポーランド語で歌われるO'berek!
この曲は、今までリズムにとらわれてしまい
何故これがオベレクなのか、実は良く解らなかった。
でも、この日は言葉のニュアンスが伝わってくるように
ポーランド語なんて話せないのに
不思議なことに、心にストンと落ちた。。



そして、もちろん器楽的に演奏される作品もある。

モーツァルトの可愛らしく飛び回る
妖精の笑顔。

そしてプロコフィエフは
恐ろしくピアニスティックに楽器が鳴り響く!
その中に ふと現れる音楽的な表情の見事だったこと。
もう、口をあんぐり開けてしまいましたよw




嬉しかったのは、サントリーホールで聴けなかった
Departure が聴けたこと。
それは 旅立つ時の不安?
ざわざわと落ち着かない心
それでも その時は容赦なくやってくる。。

そしてラヴェルも!
やわらかな音色が
高く低く静かにそよぎ 
ゆるやかに弧を描くとき
すべてが許され
幸福感にみたされる。。



セットリスト最後の For Someone は
間合いをじゅうぶんにとって
ホールの響きを確かめるように弾かれる。
その音のゆくえを
小曽根さんと一緒に聴く。
なんて幸せな瞬間だろう。

最後の一音の響きが
彼方に行ってしまった後の
長い長い静寂を
私は決して忘れない。。







'21May水戸3.jpg






この日の小曽根さんは
前半は赤、後半はシルバーのシャツ。
めずらしく靴のヒモが緩んでしまったそうで
二度ほど結び直していましたw
足でリズムを刻むからね。

その数日後、ラジオで角野隼斗さんが生演奏をする時に
アナウンサーが「靴を脱いで靴下でペダルを踏んでいますっ」
と実況していました。
小曽根さんも靴を脱げば良かったですね(え?

その翌日、別のラジオ局で小曽根さんと角野隼斗さんが対談。
若い音楽家の角野さんに、小曽根さんが語りかける言葉のあたたかかったこと!
小曽根さんの自作曲「クリスタル・ラヴ」のエピソードには私も涙が。。

そしたらっ
その翌日、角野隼斗さんはYTライブで
さりげなく「クリスタル・ラヴ」を弾いているじゃありませんか。

こんなふうに
音楽と、そして大切なものが伝わっていくって すてきだ。
それを目撃して ふふ、、と微笑んでしまう。
永遠の愛。。



























nice!(10)  コメント(0) 

懐かしい土地の想い出        [奏でるとき]

去年はできなかった春の演奏会。
今年は細心の注意を払って開催しました。
隅々まで気を配るのは本当に大変。
その上、人前での演奏が久しぶりだったので
この世のものとは思えないくらい緊張しました(泣

そんな演奏ですが、記念(?!)に。。





チャイコフスキー:メロディー(「懐かしい土地の想い出」より)Op.42-3








写真はイタリア、チェコ、フランス、アメリカ、そして日本。



昔、耳にしたメロディーは
旅の懐かしい記憶を連れてくる。

またいつか、きっと。。






















































nice!(10)  コメント(0) 

GOYA    [カーテン・コールの後に]

ミュージカル『ゴヤ-GOYA-』
          ~日生劇場


原案・脚本・作詞:G2
演出:鈴木裕美
作曲・音楽監督:清塚信也

出演:
フランシスコ・デ・ゴヤ 今井翼
サパテール(ゴヤの親友) 小西遼生
ホセーファ(ゴヤの妻) 清水くるみ
テバ伯爵(ゴドイの副官) 山路和弘
アルバ公爵夫人(資産家) 仙名彩世
ゴドイ(若き宰相) 塩田康平
バイユー(ホセーファの兄) 天宮良
マリア・ルイザ(スペイン女王) キムラ緑子



'21April GOYA1.jpg





激動の歴史を生きる画家の生涯
描く事と生きる事の意味を問いかける。。



日本語の歌詞が
音楽にピッタリはまって美しく歌われる。
清塚信也さんの全編書き下ろしの楽曲。
もちろんフラメンコも登場するけれど
ことさらスペインを強調することなく
モーツァルトのオペラを彷彿とさせるような
クラシックのベースの上で
自由な発想で生き生きとミュージカルを創り上げる。
編曲、生オケの演奏も素晴らしくて
圧巻の後半は感動で涙が止まらなかった。。


今井翼さん得意のタップを始め
群舞のダンサーたちの
ダンスシーンの見事なこと!


そしてゴヤの絵から抜け出してきたような人々に惹き付けられる。



'21April GOYA3.jpg
                  (この写真はweb上からお借りしました)





フランス革命、ナポレオンの台頭・・
王政が崩壊しヨーロッパ全土が大嵐に翻弄される時代。

ゴヤは画家としての名声を得るために
王室に取り入り、成り上がっていく。
そして友や妻の忠告をきかずに突き進む。

しかし、何者かに毒を盛られ聴力を失ってしまう。
虚無感の中、創作意欲を失い 殻に閉じこもるゴヤ。

スペインは何年も続く戦争で暗黒の時代。
ゴヤの晩年の素描画はその頃に描かれた。

一瞬を永遠に!
自分の眼で見たものを
そのまま描くこと
それが唯一、自分にできること。。








'21April GOYA2.jpg 
                (この写真はweb上からお借りしました)





画家を主役にしたミュージカル?!
この公演を知った時、本当に成立するものなのか半信半疑でしたが
清塚さんが作曲した音楽だというのでw 観に行ったのです。
そしたらっ
音楽の素晴らしさは言うまでもありませんが♡
脚本の完成度が非常に高く、深い内容を見事に描いていて感服しました。
キャストの皆さんの歌、演技、ダンスも超ハイレベルで興奮のるつぼ!
もう、ボロ泣きでした。

最後は客席全員で
スタンディング・オベーション!!







'21April GOYA2.jpeg

またもや天井桟敷からの観覧で、双眼鏡のお世話になりましたが
迫力はここまで充分に伝わってきました!
日本のミュージカルの実力、スゴイですっ。


























































nice!(8)  コメント(2) 

The Symphonic Sessions      [コンサートの記憶]

葉加瀬太郎 オーケストラコンサート2021
        ~川口リリア メインホール

(プログラム)
葉加瀬太郎:Symphonic Another Sky
      交響詩「希望」Symphonic Poem "Hope"
             第一楽章 序曲
             第二楽章 賢者の行進
             第三楽章 ロード・オブ・ホープ
             第四楽章 ロマンス
             第五楽章 ロード・オブ・ホープ~リフレイン
富田勲:新日本紀行
葉加瀬太郎:瑞風
     :流転の王妃・最後の皇弟 メインテーマ


葉加瀬太郎:ひまわり
ヘンリー・ マンシーニ:Moon River
モーツァルト=葉加瀬太郎:トルコ風コンチェルト
ベートーヴェン=葉加瀬太郎:ロマンス
葉加瀬太郎:WITH ONE WISH
ピアソラ:リベルタンゴ
葉加瀬太郎:情熱大陸2018~Full Orchestra Ver.~


(アンコール)
葉加瀬太郎:Legacy



'21April 葉加瀬1.jpeg


葉加瀬太郎さんの30周年。
フルオーケストラでのコンサートツアーは葉加瀬さんにとって初めて!
ステージの前の方がバンド(ピアノ・シンセ・ギター・パーカッション)、
その後ろにフルオーケストラ。大編成です~。


オープニングは航空会社のテーマ曲。
フルオケのサウンドの中で歌う、美しいソロヴァイオリン!
いきなり心をつかまれて 涙が。。

旅が大好きな私。
飛行機に乗ることが出来なくなって過ぎていく日々。
この曲を聴くと旅立つ時の高揚感がよみがえる。。



ステージ中央に絨毯が敷かれ、テーブルの上に2丁のヴァイオリン。
葉加瀬さんが自分のお部屋で弾いているみたい。

このコンサートへの思いを語る葉加瀬さん。
本来ならば去年が30th Anniversaary だったので
その数年前からフルオケのコンサートを計画していたそうです。
去年、リハーサルをして いよいよ本番!という時に中止に。。

それが1年たって 開催できる!
その嬉しさが葉加瀬さんから、
そしてオーケストラのメンバーからも伝わってきます。

豪華で、そして絶妙なアレンジ。
オリジナル曲のカッコ良さはもちろん、
クラシック曲もスタイリッシュに変身~。
それをパーフェクトな演奏で聴ける。
なんて幸せな時間でしょう!


プログラム最後の「情熱大陸」、最高に盛り上がりましたねえ。
ホール中の手拍子!
みんなの笑顔!





'21April葉加瀬2.jpeg


今回は こーんな天井桟敷だったのですが
PAと双眼鏡のおかげで、楽しむことが出来ましたv



そうそう、
指揮者を見たときに もしかして?
と双眼鏡で確認w
やはり、水野蒼生さんでした!
ダンスをするようなカッコイイ指揮ぶりに惚れ惚れ。
しかし
プログラムにもHPにもオケのメンバーのお名前が載っていなくてザンネン~。

それから(まだあるw
照明のインパクト強すぎでは?すっごくまぶしかった。
音楽がとても雄弁なので、聴く方に集中したかったなあ。。





さて、ツアーはこの日が初日。
千秋楽まで、たくさんの人に
葉加瀬さんの「愛」が届けられることでしょう。。


































nice!(10)  コメント(0) 
前の8件 | -